奄美大島自然保護協議会のホームページです。

世界遺産

  • HOME »
  • 世界遺産

世界遺産

世界遺産とは、1972年に採択された「世界遺産条約」に基づいて、国連教育科学文化機関
(UNESCO)の「世界遺産リスト」に記載された遺産のことで、国家や民族を超えて人類が共有し、
次世代に受け継いでいくべき価値をもつ遺産を対象としています。

世界遺産には、自然遺産、文化遺産、複合遺産の3種類があり、「奄美・琉球」は今、
この世界自然遺産登録に向けて準備を進めています。

世界自然遺産の登録基準

世界自然遺産として登録されるためには、次の4つの価値基準(クライテリア)の1つ以上に合致するとともに、
適切な保護管理体制がとられている必要があります。

自然景観 ひときわ優れた自然美および美的要素をもった地域。
地形・地質 生命進化の過程や、地形形成において進行しつつある重要な地学的過程など、地球の歴史の主要な段階を代表する地域。
生態系 現在も進行中の生物の進化や動植物群集の見本となるような、極めて特徴のある生態系を有する地域。
生物多様性 絶滅のおそれがある野生生物の生息地など、生物多様性の保全にとってもっとも重要な生物の生息・生育する地域。

日本の世界自然遺産

屋久島 1993年登録 【登録基準】自然景観、生態系
白神山地 1993年登録 【登録基準】生態系
知床 2005年登録 【登録基準】自然景観、生態系
小笠原諸島 2011年登録 【登録基準】生態系
奄美・琉球 20XX年登録 【登録基準】自然景観、生態系

世界自然遺産登録までのプロセス

  1. 2003年 国の「世界自然遺産候補地に関する検討会」において、
    奄美群島を含む琉球諸島が世界自然遺産候補地に挙げられる。
  2. 2013年 「奄美・琉球」が世界自然遺産の正式な候補地に決定
  3. 現在
  4. 国立公園の指定
  5. ユネスコ世界遺産センターへ推薦書の提出
  6. 国際自然保護連合(IUCN)による現地調査
  7. 世界遺産委員会の審査
  8. 世界遺産リストへ登録

国立公園

国立公園は、優れた自然の地域が指定される国を代表する景勝地です。
奄美地域での国立公園は、亜熱帯照葉樹林を中心とする生態系全体を管理する「生態系管理型国立公園」と、
人間と自然が深く関わり調和してきた関係そのものを対象とする「環境文化型国立公園」というこれまでにない
国立公園を目指すこととし、現在、早期の国立公園指定を目指した取組が進められています。

PAGETOP
Copyright © 奄美大島自然保護協議会 All Rights Reserved.