奄美大島5市町村では、地域における生物多様性や生態系サービスから生じる価値を地域の個性・財産として再発見し、市民や企業など様々な主体とともに、いかに持続的に保全し活用するかという未来像を描き、新たな“地域づくり”を目指す指針として、「奄美大島生物多様性地域戦略~自然と共に生きる奄美のしま創りプラン~」を平成27年に策定しました。

本戦略では、50年後にあるべき奄美大島を想定し、島内5市町村における“島”共通の戦略としており、複数の自治体による生物多様性地域戦略の策定は全国初の試みとなっております。

策定から5年目を迎えた令和元年度に、LCC(格安航空会社)の就航、奄美群島国立公園の指定、世界自然遺産登録プロセスの進展、5市町村連携事業や民間事業者等による取組の進展など、社会的情勢の変化などを踏まえた中間評価と必要な改定を行いました。

奄美大島生物多様性地域戦略

本編

●全体版(PDF:7,353KB)
●表紙(PDF:1,492KB)
●はじめに(PDF:546KB)
●目次(PDF:679KB)
●第1章・戦略の策定にあたって(PDF:1,412KB)
●第2章・奄美大島の生物多様性の特徴(PDF:1,631KB)
●第3章・奄美大島の生物多様性の保全及び利用上の課題(PDF:1,153KB)
●第4章・基本的事項と目標(PDF:920KB)
●第5章・重点施策(PDF:3,865KB)
●第6章・行動計画(PDF:1,067KB)
●第7章・推進体制と進行管理(PDF:989KB)
●第8章・資料編(PDF:1,054KB)
●裏表紙(PDF:1,568KB)
●専門委員会付帯意見(PDF:112KB)

取組状況評価

本戦略については、その進捗状況を公表することとしております。
年度毎の取組については、以下のPDFファイルをご覧ください。

●平成27年度取組状況評価(PDF:1,025KB)
●平成28年度取組状況評価(PDF:1,030KB)